お客様の声VOICE

四国建設コンサルタント株式会社 創立60周年記念誌

記念誌

四国建設コンサルタント株式会社 創立60周年記念誌

地元の社会資本整備は地元の手で
確かな実力を基に果敢に挑戦を続ける

 四国建設コンサルタント株式会社は「四コン」の愛称で親しまれ、事業内容は橋梁、道路、河川、港湾、トンネルなどの分野に加え、測量、地質、補償、建築など、総合・複合分野にわたる企画から調査、解析、設計、管理、運営まで、多様なサービスを提供しています。これまでに160以上の表彰実績を誇っており、発注者の期待に応える確かな実力を基に果敢に挑戦を続ける、四国を代表する総合建設コンサルタント企業です。

著者:四国建設コンサルタント株式会社

阿波女が語る昭和の乾物問屋繁盛記(板東春吉商店と私の世界旅行)

自伝誌

阿波女が語る昭和の乾物問屋繁盛記(板東春吉商店と私の世界旅行)

昭和4年11月、四国の徳島市佐古町の商家に生まれた著者・板東君江。
自然豊かな佐古の諏訪神社を遊び場として幼少期を過ごし、のびのびと成長するものの
徳島大空襲に遭い、そして敗戦へ。
戦後の混乱、やがて復興の波に乗り、父・板東春吉が経営する食料品問屋「板東春吉商店」は大繁盛。
著者は荷物運びや乾物の詰めまで手伝い、早朝から深夜まで休みなく働くことに・・・。
この物語は、昭和時代の徳島市街の地域社会の実際を描くとともに
しっかり者でよく働く「阿波女」のルーツを探ることができる。

さらに歳を重ねたのち、世界中を旅する著者の冒険物語も痛快である。

この書籍は、グラフィックデザイナー・板東孝明氏(武蔵野美術大学教授)が
自身の母の人生を一冊にまとめたものであり、装丁デザインと監修を務めた。

著者:板東 君江

株式会社 松本コンサルタント 創立50周年記念誌

記念誌

株式会社 松本コンサルタント 創立50周年記念誌

 1971年5月に地籍調査の専門企業として創業した松本測量有限会社。2006年に社名を「株式会社 松本コンサルタント」に変更し、調査、測量、設計、GIS構築をトータルで提供する空間情報コンサルタントとして発展してきました。
 創立50周年を機に、松本祐一社長が記念誌の制作を提案。各部署の若手・中堅社員で構成した記念誌編纂委員会を発足し、メンバー9人を中心として約1年かけて制作しました。

『100年先に、誇れる仕事を』
 創業以来、常にチャレンジ精神を持った企業でありたいとの理念のもと、3Dレーザースキャナーやドローンなどの新技術をいち早く取り入れるとともに、プラチナくるみん認定を中国四国地方で初めて取得するなど、働き方改革にも積極的に取り組んできた松本コンサルタント。過疎地域の高齢化や災害復興の観点から、事業の重要度は非常に高く、ますますの躍進が展望できる記念誌となりました。

著者:株式会社 松本コンサルタント

らもらものチャリお遍路日記 ~東京から徳島へUターンした僕は自転車で四国八十八ヶ所を巡ってみた~

自分史

らもらものチャリお遍路日記 ~東京から徳島へUターンした僕は自転車で四国八十八ヶ所を巡ってみた~

四国八十八ヶ所を巡った気分になれる、自転車お遍路のための情報がたっぷり詰まった一冊。
実際に著者らもらもが直面した、自転車お遍路ならではの疑問や失敗談、ルートを選ぶ基準、そしてすばらしい出会いと、四国の自然が見せてくれる美しい景色。
1460㎞に及ぶ壮大な旅路へと足を踏み出したくなるようなお遍路の魅力が満載です。

本書はアニバ出版企画「ブログを本にする」プロジェクトにご応募いただき制作させていただきました。
あなたのブログも本にしてみませんか?
お気軽にご相談ください。

著者:らもらも(ペンネーム)

「一隅を照らす県政」から始まる物語~徳島県ハンセン病支援協会と私~

自費出版

「一隅を照らす県政」から始まる物語~徳島県ハンセン病支援協会と私~

約1年かけて、十川さんと一緒に作り上げた本書(B5判224ページ)。
十川さんが20年以上続けてこられた、差別や偏見をなくすためのボランティア活動を熱く語っていただきました。

ハンセン病の歴史や、十川さんとハンセン病回復者の方々との交流、1000回を超える十川さんの講演、県内外で157回も上演した人権劇の様子。

十川さんは、県民への啓発活動や回復者の里帰り事業などをボランティアで行っており、これまでに徳島新聞賞や徳島県表彰、法務大臣表彰、阿波市市民表彰を受けられています。たくさんの新聞記事も盛り込んだ、これまでの活動の集大成となる一冊です。

著者:十川 勝幸

港産業株式会社 創業70周年記念誌

記念誌

港産業株式会社 創業70周年記念誌

 1950年創業の港産業株式会社は「快適な社会づくりを推進する」という社是のもと、オートメーション、スマートエネルギー、ロボット、AI 、IoT、環境装置、空調設備など多くの分野で事業展開されています。
 2020年10月に発行された70周年記念誌には、事業紹介をはじめ、全役員・社員の紹介、取扱いメーカー・協力会社・お客様の紹介、港産業独自の社内制度などが掲載されています。
 約1年かけて港会長や記念誌編集委員会の皆様と制作した本書はA4版144ページ。会社の紹介はもちろん、仕事への熱意と思いあふれる一冊となりました。

著者:港産業株式会社

株式会社林自動車 創業60周年記念出版~この道より我を生かす道なし~

自分史

株式会社林自動車 創業60周年記念出版~この道より我を生かす道なし~

 株式会社林自動車の林榮会長が、昭和34年8月8日にその前身となる「林自動車工作所」を開業してから60年が経ちました。当初はまだ小さな自動車整備工場でしたが、現在の従業員は23人。地域NO.1を目指して歩み続け、夢を実現させたそのエネルギーと仕事への信念、それを支えてくれた家族への想いの溢れる一冊となりました。
 タイトルの「この道より我を生かす道なし」は、作家武者小路実篤の言葉ですが、その言葉通り60年間こつこつとひたすらに我が道と見なし、一生懸命生きてきた人生が綴られています。

著者:株式会社林自動車 林榮会長

株式会社ケージェーケー 創立50周年記念誌

記念誌

株式会社ケージェーケー 創立50周年記念誌

 株式会社ケージェーケーは、昭和43年(1968年)に「光洋小松島軸受協同組合」の名称で設立されました。
昭和のニクソン・ショックやオイルショック、平成のバブル崩壊やリーマンショック、東日本大震災と数々の不況や災害を乗り越え50周年を迎えた今、新たなるチャレンジ・新たなる第一歩として、この創立50周年記念誌を出版しました。
 これから先の70周年、100周年の未来に向けて、モノづくりを通じて社会に貢献し、ナンバーワン&オンリーワンの商品を提供し続ける魅力ある企業として、チャレンジ精神を引き継いでいく…そんな決意を改めて示す記念誌になりました。

著者:株式会社ケージェーケー

笑顔の花咲かせて

自分史

笑顔の花咲かせて

 徳島県下に多数の美容院を展開する「有限会社コアフィールみま」。その始まりは、代表取締役の美馬マサ子さんが1967年に鳴門で創業した美容院でした。「自分の生きた証を、創業50周年記念誌という形で残したかった」という気持ちが形になったのが、この『笑顔の花咲かせて』です。
 幼い頃から「人を喜ばせたい」という気持ちが強かった美馬さん。美容院で美しく変身した母の姿に感動し、親の反対を押し切って美容師の道を歩み始めます。県下一の美容室での修業の後、21歳の若さで自分のお店を開業。確かな技術と細やかなサービスでお客様の心をつかみ、徐々に規模を拡大していきます。思わぬ危機に見舞われたこともありましたが、持ち前のバイタリティーと周りの方々の助けで前進を続け、「人のためになること」をモットーにさまざまな新事業にも挑戦。そんな美馬さんのドラマチックな人生が、たくさんの写真とともにいきいきと記録された一冊となっています。

著者:有限会社コアフィールみま  代表取締役美馬マサ子さん

三和電業グループ  創業70周年記念誌~その時、三和は~ 

記念誌

三和電業グループ  創業70周年記念誌~その時、三和は~ 

 三和電業グループは、建築物の電気や空調といった設備工事を行うエキスパート集団。創業から70周年、社長交代を機に発行されたのが本書です。14年前から163号にわたり発行してきた情報誌「SANWA」の社長巻頭言の中から70件を厳選し、一冊にまとめました。
 本誌には、選ばれた70選各号の表紙や実際の誌面を再掲載。人気ベスト3や管理職によるコメント、もう一度読みたい名場面集なども登場し、熱く、読み応えのある内容となっています。

著者:三和電業グループ

山内茂昭絵画集-徳島の水彩風景-

記念誌

山内茂昭絵画集-徳島の水彩風景-

徳島の原風景を描いた、山内茂昭氏の透明感あふれる水彩画集。徳島銀行創業100周年を機に文化部展を開催し、これらの原画の作品展も行いました。
どこか懐かしくてずっと残したくなるような徳島の原風景を、透明感あふれる繊細なタッチで描いた水彩画の数々。山内茂昭氏の絵は、忘れかけていた故郷の魅力を改めて気づかせてくれます。

著者:徳島県信用保証協会専務理事 山内茂昭

阿波スピンドル150周年記念誌

記念誌

阿波スピンドル150周年記念誌

創業150周年、長きに亘る会社の歴史と伝統を辿り、次世代に繋げていける記念誌を作りたいとの思いを実現しました。

著者:阿波スピンドル株式会社

昭和のうちまち

地域誌

昭和のうちまち

内町の人々が生きた「昭和」がよみがえる貴重な記録誌。発刊を行った「内町まちづくり協議会」は、JR徳島駅周辺地区、幸町や寺島本町といった徳島市の中心市街地として発展した内町地区の自治会です。昭和初期を知る世代も少なくなってきた昨今、内町地区に暮らす人々が、どんなふうに激動の「昭和」を生きてきたのかを記録に残したい——内町まちづくり協議会の宮澤武志会長は、『昭和のうちまち』制作のきっかけをこう話してくれました。

著者:内町まちづくり協議会「昭和のうちまち」編纂委員会

たまき青空病院グループ 創立70周年記念誌

記念誌

たまき青空病院グループ 創立70周年記念誌

 たまき青空病院グループは、昭和22年、名東郡(現 徳島市)国府町で田蒔医院として開業以来、医療をはじめ介護や福祉分野において地域の方々が安心して生活できる医療を目指し取り組んできました。
 創業70周年を迎えた機会にこれまでの歩みを整理し、関係者の皆さまへの感謝と、引き続き地域の皆さまに安心して信頼される医療・介護の提供に取り組む一層の励みとするため、初めての記念誌を発刊しました。
 重視したのは、病院グループの「過去・現在・未来」を綴ることです。先代理事長の取り組みなどを記録した「これまでの歩み」や、すべての職員を撮影した紹介コーナー、未来を担う次の世代の対談などの構成に工夫しました。
 とりわけ、軍医として大東亜戦争を経験した創業者の貴重な記録や、懐かしさがよみがえる「思い出のアルバム」のページは特に力を入れており、読み応えある一冊となっています。

著者:たまき青空病院グループ

公益社団法人徳島県宅地建物取引業協会 創立50周年記念誌

記念誌

公益社団法人徳島県宅地建物取引業協会 創立50周年記念誌

 県内の不動産業者の約9割が加入している徳島県宅地建物取引業協会。昭和42年5月の創立以来、業界の発展や県民の住生活の安定と向上に尽くしています。創立50周年という節目を迎えた平成29年、『創立50周年記念誌』を発刊しました。

著者:公益社団法人徳島県宅地建物取引業協会

1 2
無料見積