実績紹介WORKS

大河のひと花

自分史

大河のひと花

著者の三木玲子さんは、徳島市在住の在徳島日本ポルトガル名誉領事、株式会社日伸の代表取締役を務めています。本書は、玲子さんが元徳島市長の夫・三木俊治氏たち家族と紡いだ歴史を振り返る、読み応えのある家族愛の記録です。
第1部「三木玲子の家族史」は、玲子さんの幼少期から現在に至るまでの自叙伝となっています。東京で過ごした少女時代から俊治氏との出会い、結婚と子育て、徳島に移っての夫の選挙戦支援、夫と共に徳島市の活性化に邁進した日々など、玲子さんの奮闘がいきいきと記されています。
第2部「三木俊治の思い出」では、俊治氏とゆかりのある37名の方々が綴った寄稿文を掲載。また、数々の思い出を記録した写真や家系図・年表なども収められており、まさにボリューム満点の自分史です。

著者:三木 玲子

お客様の声VOICE

無料資料請求フォーム

もっとアニバ出版の事が知りたくなった方はコチラから弊社の資料を無料で差し上げます。

以下の入力内容でお間違えなければ送信くださいませ。

お名前
フリガナ
電話番号(携帯可) - -
メールアドレス
住所
-
問い合わせ内容
無料見積